SLOW

COLUMN

〜Warkshop Report〜

6.10.2019

6月1日に鎌倉店にて開催されました第8回ワークショップ。今回も大変ご好評を頂き、終始賑やかな会となりました。

まだ参加されたことの無いお客様からは具体的にどんな事をしているんですか?

というお問合せもたくさんいただきました。

そんな本日はワークショップ の内容や作業風景をお届けさせて頂きます。

今回作製したアイテムはレザーブレスレット

簡単そうに見えますが、実は細かなディテールに拘り(編み、縫い、磨き)にしっかりとフォーカスした作品なのです。まずは豊富なカラーリングの中から好みのレザーを選びます。

SLOW南堀江に在中している職人を講師に迎え、革のお話や道具の取り扱い方ちょっとしたウンチクなど挟みながら初めての方でも和やかな雰囲気。

マジック編みと言う特殊な手法で独立した革紐を編んでいきます。3つの切り込みを入れた一枚の革を編んでいく手法で、皆様最初は苦戦していましたが、徐々にコツを掴まれていました。

お好きな天然石やシルバー からお好みのモノを選びオリジナルのブレスレットに 仕上げていきます。豊富なビーズ(15種類)から組合せを選びます。

組み立てた天然石を縫い付けるために目打ちで印穴を付け、いよいよ縫い作業へ

裏の床面から糸を通し、先に丸めたピンの輪の中に糸を通し、同じ穴に銀面から床面に針を通していきます。

SLOW の定番商品である財布の 1 番の顔とも言える場所はコバ処理を施します財布と比べると簡単な処理になりますがコバ面を磨くだけでも見た目が変わる大事な作業です。

目止めと言うコーティング剤を薄く塗り込み、最後に軽く仕上げ布でコバ面を磨いてコバ処理の完成です。最後にスナップボタンを特殊な機械で打ち込みます。完成までもう少し!

参加者の皆様の作品になります。個性が出た素敵な仕上がりですね。これから使い込むことで、より味わい深く、愛着持って頂ける逸品になったかと思います。

今回迷われていた方は是非次回、参加のご応募お待ちしております。ワークショップ の詳細はSLOW公式ホームページ、SLOW鎌倉Instagramにて開催内容固まり次第配信してまいります。