SLOW

COLUMN

【FUDGE掲載】新作サコッシュタイプのショルダーバッグ

8.18.2016

前回記事でも書いた新作バッグ。

 

8月10日発売

FUDGE 09

SLOW 新作 SHOULDER BAGが掲載されています。

Big thanks to FUDGE!!

8.12売FUDGE9月号2016

新作サコッシュタイプのショルダーバッグ

8.18.2016

こんにちは、田﨑です。

この時期、朝出勤前に洗濯物を外に干すか、中に干していくか、迷う田﨑です。

夕立があるかもしれない、でもできるだけ外に干したい!

(いや、高性能の乾燥機付き洗濯機を購入しようか。。否! もう少し貯蓄してからでないと・・・)

今日も晴れたと思えば、突然のスパイラルスコール。

天気に振り回されていますが、そろそろ街は秋物が立ち上がっていますね。

 

SLOWも少しずつ、新作が店頭に入荷してきています。

薄マチのサコッシュタイプのショルダーバッグ。

SLOWではおなじみのbonoレザー(ボーノレザー)を使い、基本の3色で2サイズ展開します。

 

ショルダーバッグは、通常、2枚のパーツと間のマチのパーツをそれぞれ縫い合わせて作ったものが多いですが、

こちらは、うすマチを活かして、1枚の長方形bonoレザーをぐるりと贅沢に使用。

 

両端を縫い合わせたシンプルながらも、雰囲気のあるデザインに仕上がっています。

コーディネートに投入しても、こなれた感じにできます。

もちろん、bonoレザーの特徴であるシボ感や、経年変化はお墨付き。

男女問わず使用して頂けます。

 

さらにウスマチの特典:

旅行中のサブバッグとして、ワンマイルバッグとしても使えます。

bonoレザーの、ソフトな質感も手伝って、持ち運びも便利です!

 

今季サコッシュタイプのバッグはトレンドの兆しを見せていて、要チェックです。

 

小サイズはA4サイズの書類や雑誌も入ります。

田﨑は標準より小さいので小サイズを・・。

大サイズも男性の方や、女性の方でもボディバッグっぽく持つと、かっこいいです。

 

SLOW各店、全国の卸先様店頭にてご覧いただけます。

◆shoulder bag S  18,000円(税抜き)

SIZE:H36 W33

 

◆shoulder bag L     23,000円(税抜き)

SIZE:H30 W27

 

 

Processed with VSCO with c1 preset
AW16 shoulder bag S & L. black.

AW16レザーサコッシュ3COLORS

3色展開です。black, choco, camel.

Processed with VSCO with c1 preset
左がS,  右がLサイズ。

AW16レザーサコッシュななめから

シンプルな真鍮の留め具と、外ポケット付。

Processed with VSCO with c1 preset
shoulder bag S. black. model 152cm

 

 

 

 

 

 

“COLORS”シリーズ- 裏のお話し –

8.18.2016

こんにちは、プレスの田﨑です。暑さで溶けそうです。

ちまたではポケモンGOが大流行り、ヴァーチャルと現実世界の境目がいよいよなくなっていきそうな、

そんなヴァーチャルリアリティー元年とも言われている2016年・夏!

この暑さはヴァーチャルでしょうか・・・いいえ、現実ですね(T-T)暑さにめっぽう弱いですが、

食事・睡眠・気合の三拍子で乗り切ろうと思います!

 

さてさて、前回COLORSの記事では、古代エジプトまでさかのぼったお話しから、倉敷帆布の変遷まで歴史ロマンなお話しを書かせて頂きました。

今回は、ディレクターの頭の中を少しだけのぞき見するような、そんなお話しです。

 

SLOWのデザインのベースや、イメージソースとなっているのが、ブランドコンセプトでもあるアメリカンカジュアル・トラッド・ヴィンテージ といったキーワードたちです。

各年代ごとに違うスペックのコンバースや、昔々のアウトドアリュック、クラシックなスポーツバッグ等々・・

VINTAGEの世界は奥が深いのだと・・・(勉強が足りん!!と叱咤激励される毎日です、頑張ります)

 

そんな私もイケメンの 話ならわかりますよ!

50年代にジェームス・ディーンがLee 101のデニムを穿き、(かっこいいですよね~渋いですよね~♡)、マーロン・ブランドがLevi’s 501 XXを穿き(かっこいいですよね~渋いですよね~♡)、そんな50年代、60年代。

まさに黄金時代と言われ、西部開拓時代以来の「古き良きアメリカ」!

 

そこから大量生産、大量消費の70年代~90年代が訪れます。そんなアメリカにおいて絶大な人気を誇るアメフトこと、アメリカン・フットボール。

 

アメリカの国技ともいえるその競技用の昔のFOOTBALL T-SHIRTSも古着屋さんでは見かけることもあると思います。スポーツ用のウェアですし、カレッジごとのカラーもあったりとカラフルですよね。

 

 

また、POPでカラフルなファッションが特徴的な80年代以降は、コンバースが豊富なカラー展開をひっさげ、ファッションアイテムの一部として根付き始めました。

 

黄金時代と呼ばれた時代とはまた一味違う、もっと近現代のアメリカ。

NBAにマイケル・ジョーダンという言わずと知れたスターが登場し、エア・ジョーダン(エアマックス狩り、ありましたね・・)、Gショック・データバンク、音楽もHIP HOPの隆盛、スーツの形は肩パッド大、という、「POPではじけた」アメリカ。

 

そんなアメリカもののカラフルなファッションアイテムからヒントを得たのが COLORSシリーズ なのです。

 

いつか古着屋で見た、カラフルなFOOTBALL-T, コンバース、カレッジスウェット・・・。

近現代アメリカといえども、80年代はすでに30年も前になりました。

ちょっとだけ懐かしいカラフルさを、SLOWらしくアレンジし、伝統の倉敷帆布と掛け合わせた作品、

「COLORS」。

 

 

もう夏も終わるじゃん!

 

そう言わずに、もう少しだけカラフルな夏に付き合ってください。

PR. 田﨑

jamesdean
50年代JAMES DEAN.
blog用colors designebase
COLORS IMAGE SOURCE.
IMG_0439
COLORS CARTRIDGE SHOULDER BAG IN KYOTO.